画家の一言 ~2019年 春夏~

飯原 孝
新潟県/口で描く画家 プロフィール


QUOカード No.737
このグッズの詳細はこちら
有楽町での展覧会の帰り道に、東京駅の改修工事が終ったということを聞いて、丸の内口横からの写真を撮り、夜の景色を描きました。赤レンガのライトアップと近代ビルのまぶしい明かりと人の流れが、私が住む田舎と違って大都会って感じで、ここからの東京駅の姿が私は好きです。


ミニノート No.513
このグッズの詳細はこちら
籠の中に2匹の子猫を描きました。この絵をきっかけにもう一度、基礎から絵を習おうと思いました。でも今見ると、自分でもなんだかほっとさせられる絵です。猫の顔のアンバランスが何とも言えないし、目も可愛いと思いませんか?これからも自分の個性を無くさずに、可愛い動物も描きたいと思います。


クリアファイル No.517
このグッズの詳細はこちら
地元新潟のものを描くというのが、私の絵のテーマの一つです。この絵は新潟南区の特産品果物を幾つかモチーフに描きました。絵を通して、お世話になった地元のみなさんに、少しでも感謝したい思いがあります。


複製画 No.351
このグッズの詳細はこちら
友達の犬のダックスを描きました。展覧会にこの絵を気に入ってくれた姉妹が来場して下さり、おこずかいで買ったという花一輪と手紙を頂きました。私はうれしくて、お礼に素描で姉妹をデッサンしプレゼントしました。子供たちに私の絵が普段どう思われているのだろうか?と思っていたので、わざわざ来場して下さり、私のこのダックスが好きと言われ、画家冥利につきます。絵を描き続けてきて良かったという出来事でした。

田中 潤也
愛媛県/口で描く画家


QUOカード No.740
このグッズの詳細はこちら

ちょっと時間を止めてみて・・・
沈む夕日に感謝感謝
僕の育った大好きな街の夕日を描きました。
辛いことがあってもこの夕日を見ると辛いこともちっぽけに見えて明日からまた頑張ろう!!と、勇気がもらえる。そんな気持ちが伝わるといいなと思いながら描きました。

初めて僕の作品でグッズを作っていただけると聞いたときは、眠れないほど嬉しかったです。
これからも大好きな絵をたくさん描いていっぱい勉強しようと思いました。
こんなチャンスをいただきありがとうございました。

六鹿 香
三重県/口で描く画家


パタパタスティッカー No.511
このグッズの詳細はこちら

クマさんや甘い物など自分の好きな物を詰め込んでみました。かわいいグッズへと変わってとても嬉しいです。グッズになることで、紙に描かれた絵が色々な物に変わり、紙と同じ絵なのにまた新鮮さがでてくるのも、お絵かきの楽しみのひとつだなぁと思いました。思うように描けなくて嫌になることもありますが、1人でも喜んでもらったり、元気づけられたりできたら、描いてよかったと思います。そのためにもこの協会を通じて練習や経験を積み重ねていきたいです。

黒木 洋高
宮崎県/口で描く画家 プロフィール

動物や植物、子供を描くのは楽しいものです。
つたない輪郭線の絵に色をのせて、少しでもそのものの表情が出せているか分かりませんが、描く私もとても癒されております。
ささやかな絵ではありますが、生きていればこそまた絵が描ける。
やさしい絵を描きたいものです。


絵葉書 No.67
このグッズの詳細はこちら


プチスティッカー No.506
このグッズの詳細はこちら


ロールスティッカー No.510
このグッズの詳細はこちら


ポケットファイル No.518
このグッズの詳細はこちら

大病を立て続けにして、かなり首の筋力が衰えました。小さな作品なら少しずつ描けますが、以前のように戻るにはまだ時間がかかるようです。口で絵を描き始めた最初の頃のように、一歩一歩根気強く頑張っていこうと思いますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

築地 美恵子
埼玉県/口で描く画家 プロフィール


絵葉書 No.66
このグッズの詳細はこちら

おおぜいの親戚が出入りした八月のお盆も終わり、そろそろ夏休みも終盤。吹く風に秋の気配を感じて、暑かった夏の日を名残惜しく思うようになります。そんな頃、盛りを迎えるカクトラノオの花。水ににじんだような涼しげなピンクの花々には、黒いアゲハチョウが飛んで来て、くるくるっと巻いた、細いストローを伸ばしたり縮めたり、大きなリボンを花はしなって受け止めています。

この春、風邪をこじらし気管支炎で長く寝付いてしまいました。全身マヒのせいで咳ができないため、呼吸困難から「このまま死んじゃうかもしれない?」と、弱気な不安が何度かよぎりました。ウメの香もそこそこに寝込んで、気づけば、丸っこいボケの花がポチャポチャ咲き出しました。もうすぐ桜前線も到来するでしょう。百花繚乱とはこのこと。日本の春は本当にきれいですね。こうなったら、早く元気になって花の季節を満喫しなくては!

古小路 浩典
東京都/口で描く画家 プロフィール


テレホンカード No.731
このグッズの詳細はこちら
クマさんの街、クマさんたちの生き生きとした暮らしの様子を描きました。


ピアノメモ No.502
このグッズの詳細はこちら
楽しそうな演奏中のムードが出ているでしょうか?楽しさをイメージする事、それを描くたびに喚起させるのはパワーが必要です!


レターセット No.516
このグッズの詳細はこちら

ワンポイントの画でユニークさを膨らませて描く。コミカルなイラストを描くときは、BGMもノリの良いモノにします!

絵を描き続けて思うこと・・日々の暮らしで起こる色んな出来事の中で感じるヒントの様なものを形にしていく作業。音楽を作ったり、絵を描いたりする作業はそんな何でもない暮らしから生まれる仕事だと思っています。時には、健康上の事情で創作することを我慢せざるを得ない時期もあり、忍耐が必要になります。心から感じる絵を描く喜びを信じて 日々穏やかに過ごせる様努めます。

南 栄一
長野県/口で描く画家 プロフィール


QUOカード No.739
このグッズの詳細はこちら
梅雨の合間の、めずらしく晴天の日でした。残雪の穂高連峰と新緑の対比が何ともいえない美しさでした。


絵葉書 No.64
このグッズの詳細はこちら
少し繊細な花火も美しいと思いました。


フラッグスティッカー No.507
このグッズの詳細はこちら

森の動物たちが飛び跳ねて遊んでいるところを想像していましたら、いつの間にかトランポリンがでてきて、もっと楽しくなりました。

梅宮 俊明
埼玉県/口で描く画家 プロフィール


図書カード No.733
このグッズの詳細はこちら

電車が好きで、以前に都電を描いたのが楽しく、またレトロな電車を描きたくて江ノ電をモチーフにしました。写真を撮ってきて見ながら描きました。撮影したのは秋だったのですが、初夏のイメージが合うと思い、季節感を変えてみました。バックの富士山と江ノ電の遠近感を出すのに苦労しました。この絵を描き始めてから入院することがあり、落ち込んでいた時期だったのですが、この絵を描いている時は楽しく、明るい気持ちになりました。