口と足で描く芸術家協会から皆様へ



日頃より、当協会の活動にご理解とご支援を賜り誠にありがとうございます。

昨年は、新型コロナウイルスという未曾有の感染症により、当たり前の日常が大きく揺らいだ年でした。皆様同様、障がい画家たちも変化を余儀なくされ日々過ごしておりました。皆様におかれましても、生活様式をはじめ、いろいろとご苦労されているかと思います。このような状況ですが、障がい画家たちが自立を目指す活動を止めることはできません。そして、この活動が継続できるのは、皆様をはじめ多くの方々のご協力のおかげだと感謝いたしております。

口と足で描く芸術家協会は、画家、スタッフ及びその家族の安全と安心を最優先とし、政府・行政の方針および、当協会の対応方針に基づき、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めるとともに、活動を継続してまいります。
皆様にはご迷惑をお掛けすることもあるかとは存じますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

また、ネット上では絵画展も開催しております。SNSでは世界中の画家たちの活動を公開しています。あわせてご覧ください。
一日も早いコロナの終息と明るい未来を願っております。