お知らせ

日本画家 南正文 作品展 【よろこびの種を】

日本画家 南正文 作品展

よろこびの種を

この絵の前に立つと、涙が出る。本当に、優しいんですよ。

「終わりから始まる終わりなき縁」、「禍福一如」、心に響く~よろこびの種を~

入場無料

◎ 開催日時:
2018年29日(金)~20日(火)
 ※ 19日(月)休館
930分~17
 ※ 金曜日のみ19時まで / 最終日13時まで
 ※ 最終入館は、閉館時間の30分前となります。

◎ 会場:浦添市美術館
TEL:098-879-3219
〒901-2103 沖縄県浦添市仲間1-9-2
詳細はこちらをクリックしてください。

【同時開催】
南正文ドキュメンタリー映画「天から見れば」上映

2月9日(金)~18日(日)
※ 2月20日(火)は入江監督の講演のみとなります。
火水木:14時から(1日1回)
金土日祝:午前の部10時15分から / 午後の部14時から(1日2回)
※ 毎週末(金・土・日・祝日2/12)午後の部上映終了後30分ほど、スペシャルトーク&シェアがございます。スぺシアルゲストをお楽しみに‼
映画入場料:大人2,000円、中学生以下・障碍者1,000円

主催:一般社団法人 南正文よろこびの種を
協賛:口と足で描く芸術家協会 / トータルプレイズ
後援:沖縄県 / 浦添市 / 浦添市教育委員会 / 沖縄テレビ放送 / 琉球放送 / 琉球朝日放送 / 沖縄タイムス / 琉球新報 / ラジオ沖縄 / 沖縄難聴・中途失聴者協会 / ハートオブミラクル / うちな~笑行快 / ホノルル・ファンデーション

南 正文 Masanori Minami

少年の様に純粋な心と、優しく温かな眼差しで、人を大切に想い
笑顔で生きるその姿は、誰の心にも安らぎを与え、大切な事を教えてくれた。
南氏自身である残された絵は、これから先も
ずっと多くの人の心に、「よろこびの種を」届け続けてくれるだろう。
南正文のプロフィールはこちらをクリックしてください。

南正文ドキュメンタリー映画

「天から見れば」

監督:入江 富美子
映画の公式ページはこちらから

「日本のマザーテレサ」と称される大石順教尼とその最後の弟子、日本画家 南正文さんの人生を描いたドキュメンタリー作品。
共に両腕がない二人。南さんは口筆で絵を描き、大石順教尼の教えを守ることで人生が開眼していく。ところが順教尼の亡き後、その重圧から南さんの筆は止まる。心に障害を作らず、すべてを許し、時代を超越し運命を切り拓く。
包み込むような優しさ温かさ、溢れ出るエネルギー、凛とした美しさ、南正文さんの日本画は、南さん自身の生き方そのもの。
日本画とドキュメンタリー映画、どうぞ合わせてご覧下さい。